乳酸菌サプリで腸内環境も完全無欠|体内スッキリビューティーライフ

女性

血圧の上昇を抑制させる

中年の夫婦

健康値へアプローチ

血圧は変化しやすく、とてもデリケートで、午前と午後で数値が異なったり、くしゃみや咳払いだけで血圧の数値が上がりやすくなります。医療機関のデータによると、高血圧である自覚症状で来院するケースは少なく、サイレントキラーと呼ばれる通りに症状はほとんどなく、心筋梗塞や脳卒中などの発作によって発覚するケースも指摘されているほどです。予防法としては、高血圧の基準値を意識する管理法がありますが、毎日継続的にサプリメントで健康サポートしておくことも予防法として人気を集めています。例えば、血圧上昇の原因となるアンジオテンシン転換酵素の働きに作用するのが、ゴマペプチドやイワシペプチドで、紅麹などを加えた総合タイプのサプリメントは適圧をサポートしてくれると人気を集めています。

血液の流れに気を配る

高血圧の基準値は、収縮期血圧が140mmHg以上、または拡張期血圧が90mmHg以上と言われており、毎日の血圧管理が重要視されています。特に高齢者の方の場合、屋内でも気温の低い場所へ行く際は、なるべく温度差に影響されないような対策を心がけることが大切です。こうした血圧を不意に高くしてしまいやすいリスクに対し、高血圧対策としてサプリメントを取り入れることも1つの手段です。例えば、納豆のネバネバ成分であるナットウキナーゼには、ドロドロ血液をサラサラへと導くことができ、急激な血管壁への圧もかかりにくくしてくれます。また、食事ではドロドロ血液のもとになる脂っこい食事のとり過ぎに注意する目的も兼ねて、植物ステロールサプリメントでスムーズな流れを意識することも大切です。